「 金作原原生林 / 鹿児島県奄美市名瀬知名瀬or朝戸
 photo & text by RyoBeppu / www.amamicco.net

金作原。「きんさくばる」と読みます。それは奄美市名瀬の山中奥深くに位置する原生林。そこにはまるで太古を思わせるかのごとく木性のシダ植物が群生し、照葉樹とシダ植物が作る亜熱帯の森を間近に感じることができます。

10mになろうかという高さにスラッと伸びたヒカゲヘゴ。天に傘さす大きな葉の広がりを下から見上げたり、あるいはその高さを支えるには心細いくらい細い幹の肌に描かれた模様をマジマジと眺めたり、林道を歩くだけで亜熱帯の彩りが目に飛び込んで来ます。

亜熱帯の森で特徴的なのが、木の上に植物が生えること。一般的に植物は水分を必要とし、地面に根をはって水を吸い上げる必要があります。が、亜熱帯では雨が多く湿度も豊富なので、シダ植物などが樹上で生活できるのです。

樹上のシダ植物は、決して樹木に寄生しているわけではありません。樹木から栄養をもらっているわけではなく、単に樹木に乗っかったりくっついたりしているだけなのです。なので寄生ではなく着生と言います。樹皮にくっついたコケや、枝などに乗っかったオオタニワタリなど、金作原でも様々な着生植物を見ることができます。

林道を歩いていると、森から色んな音が聞こえてきます。歩くほどに様々な音が耳へ届くことでしょう。もし小刻みにドラムを叩くようなドラミングの音が聞こえてきたら、それはオーストンオオアカゲラです。赤や黒の帽子をかぶったようなキツツキの仲間です。

美しい声を響かせる鳥もいれば、カラスのように叫ぶ鳥もいます。本当にカラス?のこともありますが、もしかしたらルリカケスの時もあります。ギャーギャーと鳴く声がしたら声の方へ目を凝らしてみて下さい。木立の向こうに瑠璃色の姿が見えるかもしれません。

森のお散歩は実に楽しいものでありますが、夢中になりすぎて怪我をしないようご用心。林道のすぐ横は崖になっています。ヒカゲヘゴを見上げる際には特に気をつけましょう。上を見ながら歩いて足を滑らせないように。

また、奄美にはハブがいます。夜行性なので昼間は出会う可能性が低いのですが、もしかしたら枯葉の下などで休んでいるかもしれません。むやみに草むらに足を踏み入れたり、手を突っ込んだりしないようにしましょう。ハブと遭遇するなんて滅多にあることではありません。でも「もしかしたらそこにいるかもしれない」と思っておくのは奄美の基本的心構えです。

金作原へアクセスするルートはいくつかありますが、一番のオススメは知名瀬からです。が、それでもクネクネと細い道を走り、ガタゴトと舗装されていない砂利道を通ることになります。レンタカーでは金作原へ行くのを禁止しているショップも多いほどです。悪路の運転に慣れて無いと下をこすっちゃうこともあったりします。車が止まった場所で携帯がつながらなかったら・・。ドキドキしながら運転するくらいならツアーで行きましょう。金作原ツアーは比較的安価です。しかも見所や発見も多いです。ネイチャーガイドの視点が、あなたの旅に豊かなふくらみをプレゼントしてくれることでしょう。

ちなみに金作原へのアクセス路は、ほぼ車1台分の細い道です。なので対向車が来た場合は広いところまでバックする必要があります。そう車と会う道でもないのですが、時にはツアーバスと遭遇することもあります。もし運転して行く際には小動物の横断にもお気を付けください。また台風や大雨の後には土砂崩れで通行止めになる場合もあるのでご注意下さい。細い道を運転する時にオススメの技があります。それは道路脇の広いスペースを確認しながら走ることです。そうすると対向車が来た時に、どれくらいバックすればいいか判断しやすいです。自分で行く場合の金作原は、無事に行って帰ってくることが実は一番のポイントになります。安全運転で楽しい金作原探検を!

そうそう金作原にはトイレはありません。距離は近いのですが悪路なので行って散策して帰ってくるのに、トータルで2時間半から3時間くらいかかります。金作原に一番近い公衆トイレは、知名瀬漁港にある公園のトイレだと思います。あるいは朝仁や小宿で食料を調達しつつお店でトイレを済ませるのもいいでしょう。それから駐車場もありませんが、「この先車両乗り入れ禁止」になっている金作原入口付近が少し広くなっています。林道の通行を妨げないよう駐車すれば大丈夫です。

春に知名瀬ルートから行く際には、ぜひ視界が開けたところで山肌の新緑もご覧下さい。照葉樹の森の新緑です。

<< 奄美大島探検マップへもどる