58号線を名瀬から南へ20分。住用村役場を過ぎ、住用川にかかる橋を渡り、左にマングローブパークを見ながら丘を登りきると、海岸線に広がる低木の森が現れる。マングローブだ。マングローブとは、海水と真水が混じりあう塩沼地に生息する植物群のことをいう。奄美住用村のマングローブ原生林は、オヒルギ(北限)とメヒルギというヒルギ科の2つの植物を中心に形成されている。マングローブがある住用湾は、役勝川・住用川の2大河川が合流する広大な干潟。そこをおおわんばかりに埋め尽くすマングローブは国内2位の広さ。上から見るだけじゃつまんない。さあ中に入ってマングローブを探検しよう。

>>円周魚眼で広々ビュー >>マングローブ360度

 <--奄美大島探検マップへもどる