東シナ海ライン沿いの大和村(やまとそん)。戸円(とえん)集落と名音(なおん)集落を結ぶトンネル。そこにそびえ立つ徳浜(どくはま)の断崖。スパッと断ち切られた巨大な岩盤が、行く手を阻むように目の前に出現する。近付くごとに迫ってくる大きな壁は、見上げるとおおいかぶさってきそうな錯覚さえ思わせる。名音で生まれた私は、小さい頃毎日のように歩いてこのトンネルを通っていた。断崖側では出入りする時にダッシュしていた気がする。あの頃と比べると安全上の建造物が周囲に色々と付加されたものの、オレンジの灯りが一列に並ぶ昔ながらの小さなトンネルだ。道幅は狭く歩道も無い。側面が暗くて見づらいので、運転の際は自転車や歩行者に気をつけて。

>>円周魚眼で広々ビュー

 <--奄美大島探検マップへもどる