奄美中部、東シナ海沿いに面した大和村(やまとそん)。大和村の最も南に位置する集落が、今里(いまざと)である。フクギの木々に囲まれた集落の正面には、昔からシマを見守ってきた立神(たちがみ)の姿がある。今里集落から峠道を上ると、壁のように風をへだてる山の向こうは宇検村。宇検と今里をつなぐ峠道からの眺めもまたいい。

 <--奄美大島探検マップへもどる