奄美大島の西の端。曽津高崎(そつこうざき)。瀬戸内町の古仁屋から大島海峡に沿って西へ西へ西へ〜。西古見(にしこみ)集落を過ぎて山を登り、さらに途中からガタゴト道を奥へと突き進んでいくと、目の前の視界が一気に開ける。断崖に設けられた展望所からは、曽津高崎灯台まで連なる岬と東シナ海の水平線が見える。ダイナミックな景観。奄美の中でもひと味違う眺めを味わえる。ちなみに曽津高崎灯台まで道は続いているけれど・・・ねえ。家族旅行は安全第一です。

 <--奄美大島探検マップへもどる