奄美北部、龍郷町円(えん)にあるとても短いトンネル「かがんばなトンネル」。この短いトンネルに夕日が入る。初めて見た時、大きな生き物の瞳に見え、ここは龍郷町だから龍の目と呼んだ。瞳が輝く時期は年2シーズン。春と秋、それぞれ約2週間ずつだ。春は2月終わりから3月初めまで、秋は10月初めから中頃まで。夕日がより大きく入るのは春はシーズン序盤で、秋はシーズン終盤。でも最大のポイントは天気。水平線までスッキリ晴れていなければ龍の目は輝かない。

 鑑賞スポットは円集落をはさんでトンネルの対岸。日没位置は日々ずれていくので鑑賞ポイントも日々動く。初めての際は周囲の人に話しかけたりして「本日の鑑賞ポイント」を探ろう。参考までに龍の頭に夕日が隠れようとする際、トンネル2個分左側ぐらいで夕日はトンネルに入ってくる。あとは幸運を祈る。

 龍の目ばかりがクローズアップされるようになったが、円の周囲は夏場の夕日スポットでもある。トンネルの中に閉じ込められない広々とした東シナ海を照らしながら、水平線に夕日が沈む姿もオススメ。

>>円周魚眼で広々ビュー

 <--奄美大島探検マップへもどる