名瀬(なぜ)から東シナ海ラインを南へ向かう。大浜を過ぎ知名瀬(ちなせ)を過ぎ根瀬部(ねせぶ)を過ぎ、その次の集落が国直(くになお)となる。国直は海沿いの道路の横に小さな防波堤をはさんですぐ海がある。海岸沿いには民宿や食事処があり、その裏手の集落内には高く成長したフクギの並木で囲まれた小径(こみち)もある。夏場は浜から夕日が見られるが、集落に下りる手前にできた展望所からも夕焼けを見ることができる。

>>夏の国直案内 >>円周魚眼で広々ビュー

 <--奄美大島探検マップへもどる